商行為の代理を行うのが代理店で収入は代理に伴う手数料だよ

どのような販売形態が代理店

代理店はメーカーや仕入れ先と代理店契約を締結し、一定範囲の権利や業務を受けます。売買契約の主体はあくまでメーカーや仕入れ先と購入者であり、代理店は仲介的な役割を果たします。売買行為が成立しますと代理店はメーカーや仕入れ先から定められた手数料を受け取ることとなります。品物はメーカーや仕入れ先から直接購入者へ送られ、代金は購入者から直接メーカーや仕入れ先に支払われます。売掛金の未回収の場合の責任はメーカーや仕入れ先が負うこととなります。

代理店と販売店との相違は?

売買契約に際して仲介的役割しか代理店は担いませんが、販売店の場合はメーカーた仕入れ先から購入して、更にその品物を最終購入者へと販売することとなります。従って販売店の場合はメーカーや仕入れ先と販売店間の売買契約、販売店と最終購入者の間の売買契約が存在することとなります。注意しなければならないのは総代理店という名称にも関わらず内容は販売店である場合がありますので、メーカーや仕入れ先との契約書の中身を明確に確認しておくことが必要です。海外との取引等でトラブルの原因となりますので注意が必要です。

総代理店や独占代理店という意味は?

メーカーや仕入れ先との間で契約の基本的義務である販売促進、宣伝広告、報告の他に取扱商品や販売エリアに関して排他的または独占的な地位を手に入れた場合には総代理店や独占代理店という呼び方をよく用います。この表現は販売店においても同様で総販売店と呼んだり独占販売店と呼んだりします。代理店の仲介力の如何によって、あるいは販売店の販売力の如何によってメーカーや仕入れ先との力関係が異なってきます。当然総代理店や独占代理店あるいは総販売店や独占販売店となるには排他的または独占的地位に応じた高い仲介力が必要となります。

代理店の募集をする場合、少しでも費用をかけないように、ホームページを通じて募集するところが多く人気です。