倉庫で活躍するフォークリフトについて知ろう

フォークリフトで行う作業

フォークリフトが活躍する現場の多くは倉庫ではないでしょうか。皆さんはフォークリフトが活躍する倉庫というものに対してどんなイメージをお持ちでしょうか。倉庫では大量に同じ商品を管理していたりしますが、そういった時に倉庫でネスティングをしてレイアウトを作るのもフォークリフトの仕事と言えます。倉庫でも二階や三階建ての倉庫もあり、上層の階へ商品を送るのもパレットごとフォークリフトがオムニリフターなどに乗せれば、効果的に大量の商品を保管しているフロアへ送ることが出来ます。

ネスティングとは何か

ネステナーという自在に組み並べることの出来るラックがありますが、このラックを並べてレイアウトする作業をネスティングと言います。ラックは金属で出来ており、使用しない時はコの字型のネスをずらしながらコンパクトに重ね収納が出来る優れものです。ラックのネスティングや収納も人の力で行う作業ではなく、フォークリフトの出番と言えるでしょう。倉庫現場では如何にスペースを有効活用出来るかで倉庫の在庫アイテムを増やすことが出来ますが、これらもフォークリフトのレイアウトセンスによるのです。

安全運転で事故を起こさない

フォークリフトは小さく見えてもとても重い作業車で馬力も十分にあり、重たいものを運んだり持ち上げたりすることが出来る特殊な作業車として知られています。現場では安全第一で事故を起こさないことが一番素晴らしいことともされます。フォークリフトを運転する時は指差し呼称を実践して日々どんな時でも安全確認を怠らないよう心掛けましょう。倉庫内はフォークリフト作業者だけでなく、一般作業を行う従業員、作業員も多くいるため人の動きにもよく注意しながら運転することが大切です。

「フォークリフト」は、1920年代に海外で開発された荷役自動車です。日本ではエンジン式・バッテリー式に分類されています。